FC2ブログ

広深港高速鉄道(香港西九龍→広州南)に乗った

未分類
10 /16 2018
2018/9/25、広深港高速鉄道に乗ってみた。

乗ったいきさつ。香港と広州への旅行を考えながら9月23日に香港へ向かった。この時点で、香港から広州への行き方は何も調べておらず、陸続きなんだし何かしら交通手段あるやろと等とぼんやり考えていた。
9月23日の香港のホテルでテレビをつけ、広深港高速鉄道が当日開通したことを知る。2005年起工からやっと完成したとのこと。
これはまさかの偶然。開通してすぐの電車に乗れるなんて滅多にない。そして目的地の広州、都合がよすぎる。こうして乗車が決まった。

昼12時に香港西九龍駅へ到着する。
開通3日目ということで、めちゃくちゃ人が多い。
s-IMG_3336.jpg

s-IMG_3333.jpg

切符を買う。自動券売機があるが、香港・澳門居民/中華人民共和国居民しか購入できない。外国人はカウンターへ並ぶ必要がある。
前述通り、切符を買う列も長い。1時間並ぶ羽目になった。
本鉄道は全席指定である。カウンターで「ぐわんじょうなん(広州南)」と叫んだ。中国語が分からずとも、カウンターにあるディスプレイで切符の詳細が確認できる。何も言わなければ、予約可能な一番早い列車になる。座席は窓際/通路側とか指定できるんだろうか。
勿論、ホームページなどで事前に予約をすればもっと早く切符を入手できるようだ。
イミグレがあるから45分前にはゲートへ行けとの指示がある。
s-IMG_3334.jpg

s-IMG_3335.jpg



搭乗まで1時間あるので散歩をするとする。
天空走廊という、駅の屋根に登ることができる。
s-IMG_3340.jpg

香港島のビル街が展望できる。
s-IMG_3349.jpg

周りも香港らしい高層ビルばかり。
s-IMG_3344.jpg

私です。
chobi.jpg

こちらでもフラスタという文化はあるのか。そもそも発祥がどこか知らないが。
s-IMG_3370.jpg

ホームへ向かうとする。同駅にて香港側の出境手続きに加え、中国本土側の入境手続きを行う「一地両検」が実施されている。
まず香港出境手続き。日本人は外国人ゲートを通る。これが住むと、免税店がいくつかあるエリアがある。
s-IMG_3382.jpg

進むと、繁体字から簡体字の世界へ変わる。
s-IMG_3384.jpg

s-IMG_3386.jpg

中国入境手続き。
外国人入境カードの記入をお忘れなきよう。私はこれを忘れて中国の職員にパスポートを投げ返されました…。
ゲートでは日本語の自動音声が用意されてた。これに従い指紋などを登録する。

さらに、中国側税関検査。荷物をエックス線検査する。

あとは、待合室で該当の列車の案内があるのを待つ。勝手にホームへ先に行くことはできない。
待合室の掲示板は、繁体字と英語で表記される。ついさっきまで簡体字だったのに。

列車への案内が始まり、ホームへ降りる。

「復興号」。列車の頭から撮ることができないのが残念か。
s-IMG_3391.jpg


車両へ乗る。ここまで来ると流石に日本人は見ない。
出発。乗り心地はかなり良い。個人的には初めての中国への入国ゆえ、深圳や途中の田舎の等の風景を楽しみつつ、40分強で広州南へ到着する。あっという間であった。
s-IMG_3415.jpg


広深港高速鉄道の開通で、香港旅行のついでに深圳や広州を訪ねる人も増えるのではなかろうか。
広州へは3泊ほど滞在したが、本当に食事が美味いので探訪をおすすめしたい。

田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 *Sunny side Lily*@福岡

未分類
06 /03 2015
誰も得しない自己満コンサートレポートです。
最近こんなの書いてないですが今回の福岡公演がほんと良かったのでつい…。


今回の限T。いちご。
CGUQ1yGUgAA_V7n.jpg


我らが福岡サンパレス。ぼきはゆかりんでは5回目の公演でつね…(プリアラ、FiL、FFC両日)
CGpJuLKVAAAzlWv.jpg

席は1階6列の下手側でした。



●公演時間 18:16~21:54
3時間半強。ダブアンもあり若干長め。


続きを読む

はどう

はどうです。

pixiv
mixi
JOYSOUND
twitter
ニコニコ