2009/09/05

光る風を追い越したら

東京マグニチュード8.0 第9話
真理さんの家まで歩いて向かい、着く3人。
これはひどい、街が燃えすぎている。
真理さんの家も燃えていたり、遺体安置所にもヒナとばーちゃんそっくりの遺体があったりで俺も絶望していた
すると悠貴が生存説を唱えて、見事幼稚園でヒナ発見。ばーちゃんも病院で元気そうにしているし。やったぁあああ。
感情をガックリ下げられてから歓喜することあるとテンション相当上がるね。
未来と悠貴は、真理さんの言う事に反し、姉弟だけで自宅に帰ろうとする。真理さんがいまだ悠貴のリュックサックを持っていた意味とは…?
悠貴の「あのね」で終了とか。それなんてかしまし。

大正野球娘 第9話
ああ、小梅が野球をやっていることが親にばれるのか?
って、親は小梅が高原という別の男をつくったと誤解する。それを聞いて三郎!!アッー!!
男ができたと誤解したままの三郎が小梅に、本気なのかと質問すると、小梅は堂々と肯定して、「私やり遂げて見せるから」とかまで言う。三郎可哀相すぎる。三郎ぉぉぉぉ。
朝香中学の校長がテラ男女差別主義。まあ大正時代だしな…。
ああ、三郎だけにこの誤解が解ける。この回で解けてよかったわ。
三郎が、小梅と「お嬢さんが試合に勝ったら、小梅さんと呼んでいいですか」と掛けをする。おぅなんか進展したな。
よく考えると、OPには三郎がいない。晶子のところを全部三郎にしたVerもいかがだろうか。




コメント

非公開コメント

>悠貴のリュックサックを持っていた意味
悠貴がリュック背負ってるのに、
マリさんが悠貴のリュック持ってるということはつまり……ゴクリ。
まあ、マリさんが悠貴のリュック持ってるのは、
後で再開するための理由付けだよ。

>TM8.0
悠貴「お姉ちゃん、あのね」…うわあああああああ

>野球娘
(´・ω・`)→(´;ω;`)→(;ω;)
(↑三郎に対して)

>あいこさん

>後で再開するための理由付け

ああ、なるほどです。
そこで真理さんが真実を未来に告げたり


>翠夢さん

362828です