2009/12/10

ほんきパワーのだっしゅ!

けんぷファー 第2話
制作が臓物アニマルカンパニーで吹いた。
学校の女子部に行くための女の層ってなんだよ。ハイテクすぎる。
しずかちゃんの声が聞こえるたびに大笑いしてしまう。面白すぎる。しずかちゃんとゆかりんが談笑しているのとかもうシュールすぎて…wwwwwwwwwwwww
ナツルの一瞬裸になる変身シーンがあまり嬉しくないのは俺だけじゃないはず。
楓が女ナツルが好きだと。女ナツルは楓に嫌われようとする。紅音は「あほあほダンスでも踊って嫌われろ」とか言うが…だいたいあほあほダンスってなんやねん。ああ、EDのダンスですね!
はいはい、生徒会長三郷雫もけんぷファー。臓物アニマルが水樹奈々さん。
セリフの中で声優の名前がモロに出てくるアニメとかはじめて見た。
ナツルは次回は女子部に編入するとか。

けんぷファー 第3話
ナツルは同姓同名のまま女子部に編入するとか。男のほうの成績はどうするんだろ。
なにこのナツルの女子からのモテっぷり。百合すぎる。だめだこの学校…。新聞部の聞き込みうざすぎワロタ。
水琴ってまだでないのかなあ。もっとアスミスの声が聞きたい。
しかしいまだに男⇔女のコントロールがうまくいかないナツル。めんどくさいことになりそうだな。

けんぷファー 第4話
ナツルはたまには男としても学校に通うことあるのかよ。よくわかんね。
文化祭が近く、ミスコンが予定される。なぜかナツルが生徒会長のせいで出される。いちいち会長鬼畜だな。
ナツルは紅音と服買いに行ったりカラオケ行ったり。おまえら試着室で何やってんだよwwww
楓も来るし、生徒会長も来るし、カラオケ。キャラソン祭り。
まーたナツルは大事なときに男に戻ることになったり。
楓はミスコン時にナツルに告白するとか。

テガミバチ 第4話
ラブサムワンダウン(ニッチの手紙の送り先)へ行く。見世物小屋とな。
ひでえ、なんでもニッチはマカの血肉を喰った女の娘とか言われて見世物にしようとしている。ニッチにひどいことすっと俺が黙っちゃいねえd
とか思ってたらニッチ、髪動かせるのか。強すぎワロタ。ふつーに檻ぶっ壊してるし。しかも飛べるのかよ。
ブッコロリの森に入ってしまうニッチとラグ。って思いっきりブロッコリーやん。
「害虫」が出てくる。顔を切っても生きているとは。それなんてメインカメラ?ほう、ラグが心眼発揮。害虫倒す。
ニッチ×ラグのシーンで壮大に萌えた。
ニッチに懐いた動物がいる。ステーキと名づける。お前…食われるぞ。
ニッチはラグのディンゴに。へー、相棒と書いてディンゴとも読むのか。

テガミバチ 第5話
ネリって男と出会うラグ。キリエという街で。
ラグはおばさんにニッチを預けようと思っているとか言ったらニッチ怒る。ニッチ、ステーキを焼こうとしてんじゃないよ。ステーキもそれを受け入れようとするな…
うわあ、ネリがラグのカバン盗む。そしてラグになりすまそうとする。なんてこったい。
ネリはジギーに手紙を届けたいらしい。
あら、ネリってよく見ると女なんだな。
街民が通交証を皆で取り合いするとか治安ひどすぐる。
ニッチ(久々のノーパン)も参戦する。ニッチおもしろいなあ。
まさか続くのか。こりゃネリのジギーへの手紙渡さなきゃな。

テガミバチ 第6話
ラグの力?でネロやジギーのことが晒される。ラグそれみてまた泣いとる…。涙もろいなー。
ラグの赤針でジギーが建てた塔を通してジギーの気持ちを確かめることできた。良かったな。
それにしてもジギーかなりのイケメン。
一方ラルゴ、ニッチを捕まえようとしているんじゃない、このロリコンめ。

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第8話
夜の学校を調査する話。
ベートーベンに直に画鋲さした悪戯した奴誰だ。おーいて…
ゴリラ怪人とか出てきていたが、またパルスが登場。パルス変身したし。まあこわい。おお、バトルアクション力はいっているな。ここだけアニメのジャンル変わったな。
タマオの「僕もキルミンしたい!」が切実すぎる…。タマオにもキルミンさせてやれよ…。

なるたる 第6話
バイクの鶴丸をチャリで追いかけるのは無理あるだろアキラ。
鶴丸たちのアジト発見した。そのアジトに5話の天使いるし。
また、アキラは出かける。アキラ、明日から学校に行くと言う。それ帰納法的に無理なんや。
ちょ、須藤の車にホイホイ乗るアキラ。知らん人の車のるなよ。しかも無免許乙…。
うわああああ学校行ったわアキラ。大丈夫かな…とか思ってたらアキラ赤い十字架の竜の子に捕まるし。これ使徒だろ。

コメント

非公開コメント

タイトルが懐かしすぎて吹いた
ツンデレの釘宮よりデレデレの釘宮のほうが好きです
ショタ釘宮はもっと好きです

>K-keyさん

俺もデレデレのほうが好きです。ゼロの使い魔でのホレ薬の回は忘れられません。
ショタは、まだ見たこと無いです。でもきっとすばらしいのでしょう…